「あなたの重荷を主にゆだねよ」詩篇 55:22

礼拝説教

◆「主の恵みをいただく」中尾芳也牧師

 聖書箇所: 第1ペテロ5:1~5

 復活したイエス様に最初に出会ったのがマグダラのマリヤです。彼女はイエス様によって病気を癒やしてもらった女性です。死んだと思っていたイエス様に会えたマグダラのマリヤは嬉しくてたまらなかったと言われています。彼女は主の恵みを受けたひとりです。

 主の恵みを受けるとは、イエス様さえともにいてくださったら、他には何もいらないと思えることだと思わされました。この箇所はクリスチャンとして、またリーダーとしてどのように他の人と接したらいいのかを教えています。


1. 主の恵みはへりくだる者に与えられる

 ヤコブはお兄さんをだまして、この世の祝福をもらおうとしました。その罪のために、家を追い出され、だました兄に殺されそうになります。ヤコブは自分の罪深さや過去に犯した罪に苦しみます。それが彼が大きく変えられた時、ターニングポイントでした。ターニングポイントとは、180度人生の向きを変えられることです。

 私たちにもこのような人生の転換点が必要です。ある人はイエス様を信じた時に180度人生を変えられ、ある人はイエス様を信じた後に徐々に変えられていくという違いがありますが、イエス様を信じるということは、ターニングポイントを経験することです。

5節「へりくだった者には恵みを与えられる」とあります。主の恵みは、低いところへ流れます。この主の恵みは、私たちの人生にとってとっても大事なものです。

人間関係において大切なことは、低き所に流れる主の恵みを受けることです。主の恵みを受ける人生とは第一に、孤独から開放されます。孤独は現代社会の最大の問題です。イエス様は、人と人の壁を打ち砕いてくださいます。競争から協力する関係へ変えてくださいます。また幸せを実感できるようになります。幸せとは成功体験や金持ちになることではなく、人間関係の中で感じるものだからです。

第二に、希望が与えられます。出口の見えないトンネルの人生から開放されます。人間の努力には限界があります。

自分の心を私たちは変えることはできません。しかし、イエス様は私たちの心を変える力があります。教会に来てよかった、イエス様を信じてよかったと思える日が必ずやってきます。聖書はどんな苦しみの中にいる人でも大丈夫、どんな人にも脱出の道があると教えています。

第三に、自分に自信が与えられます。

日本人の問題は、自己肯定感が低いことです。日本人で自分が価値ある人間だと思う人は35%しかいません。反対に自分はだめな人間だと思う人は72.7%もいます。

 どんなに才能があっても今の私たちは自分に自信が持てません。私たちに自信がないのは、才能がないからではなく、そのまま愛された経験がないからです。イエス様の愛は、存在に対する愛です。存在に対する愛を受けた時に、人は生きる元気を与えられます。


※参照:ヤコブ 4:6


 主の恵みは、低き所に流れます。謙遜な人かどうかは、まわりの人から学ぶことができるかどうかでわかります。本当に謙遜な人は、自分はだめな人間だと思うことではありません。、また謙遜にふるまうことでもありません。自分は価値ある人間だと確信していても、相手を見下したりしない魅力的な人間です。


2. へりくだるとは

 イエス様を知らないと3度も拒絶したペテロは、ショックを受けました。ペテロは「たとえ死ぬようなことがあっても、たとえ弟子が全員イエス様を見捨てても私はイエス様に従います」と告白しました。彼は自信を失ったペテロは、弟子をやめて、漁師に戻ります。そのペテロに声をかけてくださったのが、イエス様です。

 5節は、へりくだるとはどういうことかを具体的に教えています。第一に、尊敬の心を与えられることです。5節「長老たちに従いなさい」とあります。これは、年上の人を尊敬して従うことを教えています。尊敬できる人を尊敬するのは当然です。神様が与えてくださったお父さん、お母さん、教会にいるお兄さん、お姉さん、また、弱さの中にいる、欠点の多い兄弟姉妹に対して尊敬の心を与えられることです。

 第二に、自分が小さなものにすぎないことに気がつくことです。5節「謙遜」とあります。この謙遜とは、自分が被造物にすぎないこと、自分が小さなものにすぎないことに気がつくことを教えています。

 先週、ねじ曲がった人を用いるという話をしたら、そんなことを言うこと自体が傲慢だという意見を聞きました。なるほどと思いました。ねじ曲がった人を用いようと言っている牧師が一番問題があるのかもしれませんね。本当の謙遜さを学ばなければと思いました。

 第三に、誰からでも学ぶことできることです。傲慢な人は、人からのアドバイスを受け入れません。誰からでも学ぶことのできる人は、主の恵みを与えられます。またその人の隠れた才能に気づいて、それを豊かに伸ばすことのできる人はどんな場所でも愛されます。そういう人は人の話をよく聞いて、共感できる人です。そしてどんな人にも「いっしょに働こう」と喜んで握手できる人です。こんな人がいたら、誰でも友だちになりたいと思います。


※参照:ルカ 22:32 


私たちは、ペテロと同じような失敗を繰り返してきました。ペテロは失敗し、砕かれて、謙遜な者、へりくだるものとなりました。そして、へりくだる者に主の恵みが与えられることを体験しました。へりくだるとは、試練や苦しみによって、砕かれて与えられるものだとわかります。


3. へりくだった者に与えられる恵みとは

 アマランティノスという花があります。主の恵みのイメージです。ゴスペルを歌っている山口博子さんも、この名前をアルバムにつけています。

 山口博子さんは、今から40年前、25歳の時に潰瘍製性腸炎で入退院を繰り返していました。それだけでなく、将来の不安、離婚した親への憎しみ、過去に犯した罪の後悔などの思いに苦しんでいました。そんな時に入院先のベッドの中で、ラジオの福音放送を聞きました。聖書をリクエストし、聖書をむさぼるように読みました。そんな時に与えられたのが、第2コリント5:17のみ言葉です。


※参照:第2コリント5:17


 彼女は、変えられたいと心の底から思いました。そしてその年のクリスマスに洗礼を受けました。洗礼を受ける前に与えられた御言葉は「苦しみに会ったことは、私にとってしあわせでした。私はそれであなたのおきてを学びました」詩篇119・71 というものでした。

 4節「しぼむことのない」とあります。ここに、アマランティノスという言葉が使われています。この花は、なかなか枯れません。霧を吹きかければ、いつも生き生きとしているので枯れない花のイメージとなりました。


※参照:ヤコブ 1:12 


 神様は私たちに素晴らしい冠を用意しています。この主の恵みを受けるかどうかは、私たちの決断次第です。イエス様はすべての人に、この素晴らしい祝福を用意しておられます。


※参照:創世記 32:26


 神様の恵みをいただくことは、どんなことをしても手に入れるべきことを教えられます。ヤコブは欲深い人間でしたが神様の祝福に目をとめました。

 今日は「主に恵みをいただく」という話をしました。主の恵みはへりくだる者に与えられます。またへりくだるとは、試練や失敗を通して砕かれることです。もうだめだ私は弟子にはなれないとペテロは人間的な自信を失いました。

 アマランティノスの花。これは私たちの姿です。孤独や病気、家族の問題や将来の不安、押し寄せる問題に心が疲れ果てます。希望もなくなります。霊的に死んで枯れたようになります。そんな私たちにイエス様がふれてくださいます。私たちは可憐な花ではありません。毒々しい色を持ったアマランティノスの花のように罪深い人間です。イエス様はそんな花を愛してくださいます。イエス様のいのちをいただいて、このアマランティノスの花のように、みずみずしい生命を回復させましょう。

 本当に謙遜な人は、まわりの人を尊敬し、自分が小さいものであることを知っています。そして野の花のような小さな自分に価値を見出します。そして誰からでも学ぶことのできる人です。人の隠れた才能を見つけ出し、励まし、ともに泣き、ともに喜んでくれます。そんな人は多くの人から愛されます。神様もその人を愛して、主の恵みをあふれるほど注いでくださいます。主の恵みは低き所に流れるのです。


牧師紹介


中尾芳也 NAKAO Yoshiya

  1963年生まれ。愛知県出身。映像機器メーカーに技術者として勤務した後、神学校で聖書を学ぶ。岡山に赴任して23年目。家族は妻、大学生と高校生の息子2人。


◆牧師から皆さんへのメッセージ

 神様は生きています。その神様はあなたを愛しています。私たちは偶然に生まれたのではなく、神様のよい作品として生み出されたのです。教会へ来てみませんか。あなたの問題も解決されますよ。

「私たちは神の作品であって、良い行ないをするためにキリスト・イエスにあって造られたのです。神は、私たちが良い行ないに歩むように、その良い行ないをもあらかじめ備えてくださったのです。」  エペソ2章10節


集会案内

※すべての集会について参加は自由です。献金やお祈りについても自由です。お気軽にご出席ください。入会申し込みも必要ありません。いつでも歓迎いたします。

※キリスト教や聖書についての質問などがございましたら、お気軽に電話またはメールでお問い合わせください。メニューにある「メール送信」からメールを送ることができます。 

◆礼拝

毎週 日曜日 10:30~11:45

讃美歌を歌い、牧師の聖書メッセージを聴きます。献金は自由です。

 

夕礼拝

毎週 日曜日 18:00~19:00

朝の礼拝とは違い、リラックスした雰囲気の礼拝です。ギターの伴奏でゴスペルソングを歌います。 

 

こひつじクラブ

毎週 日曜日 9:00~9:40

乳幼児~小学生対象の教会学校です。ゲームをしたり聖書のお話を聞いたりします。保護者の方も自由にご参観ください。

 

中高生会

毎週 日曜日 13:00~14:00

中高生対象の教会学校です。聖書のお話を聞いたり、おしゃべりをしたり、楽器の練習をしたりしています。とっても楽しい会です。


早天祈祷会

毎週 火曜日 朝6:00~7:00

聖書を輪読し、その箇所についてのお話を聴きます。最後に一人一人で祈ります。

 

祈祷会

毎週 水曜日 19:30~21:00

キリスト教に関するテキストを読んで感想を発表します。最後に一人一人で祈ります。


聖書おもしろ講座

~おじさんの「しゃべり場」~

東岡山キリスト教会では、聖書に関心をもたれている男性の皆さんを対象に、聖書に親しむための公開講座を開催しております。聖書やキリスト教に関心のある方は是非ご参加ください。特に中高年の男性を歓迎いたします。美味しいコーヒーをいただきながら楽しく語り合いましょう。(随時参加できます。)

♪ 日 時  隔週の金曜日 19:00~21:00

※初めて参加される場合は、教会までメールまたは電話で開催日をお問い合わせください。

♪ 会 費  100円/1回  (茶菓子代)

♪ 内 容

「聖書おもしろ事典」(千代崎秀雄著)をテキストとして読み、それをもとに自由に語り合います。聖書のことに限らず、広く世界情勢や社会問題についても語り合っています。

サイト内検索

お問い合わせ先

東岡山キリスト教会 〒703-8204 岡山市中区雄町529-5 086-279-0004


教会写真アルバム

/album/%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%88%e3%82%ae%e3%83%a3%e3%83%a9%e3%83%aa%e3%83%bc/kaido-jpg/
/album/%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%88%e3%82%ae%e3%83%a3%e3%83%a9%e3%83%aa%e3%83%bc/%e4%bc%9a%e5%a0%82%e9%81%a0%e6%99%af-jpg/
/album/%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%88%e3%82%ae%e3%83%a3%e3%83%a9%e3%83%aa%e3%83%bc/%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-02-27-12-57-51-jpg/
/album/%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%88%e3%82%ae%e3%83%a3%e3%83%a9%e3%83%aa%e3%83%bc/%e6%9d%b1%e5%b2%a1%e5%b1%b1%e3%82%ad%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%88%e6%95%99%e4%bc%9a%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%9f%e3%83%8d%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b32016-%2824%29-jpg/
/album/%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%88%e3%82%ae%e3%83%a3%e3%83%a9%e3%83%aa%e3%83%bc/%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc2011-jpg/
/album/%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%88%e3%82%ae%e3%83%a3%e3%83%a9%e3%83%aa%e3%83%bc/img-6992-jpg/
/album/%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%88%e3%82%ae%e3%83%a3%e3%83%a9%e3%83%aa%e3%83%bc/%e3%83%89%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%b3%e7%a9%ba%e6%92%ae%ef%bc%91-jpg/
/album/%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%88%e3%82%ae%e3%83%a3%e3%83%a9%e3%83%aa%e3%83%bc/%e3%83%89%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%b3%e7%a9%ba%e6%92%ae%ef%bc%92-jpg/